顔には使用不可?【問題ないなら使いたい!】

ヴィエルホワイトは体の中のデリケートゾーンや皮膚の柔らかいところにできた黒ずみをケアするための美容液ですが、黒ずみ=シミと思って、顔のケアに使用しても問題ないと思っている人がいるようです。

 

確かに、ヴィエルホワイトは肌の薄いデリケートゾーンにも使えるので、顔に使っても問題ないような気がしますが・・・実際のところどうなのでしょうか?

 

でも、ヴィエルホワイトを顔に使って肌がボロボロになってしまうのはちょっと心配、そもそも顔に使えるの?と思う人もいらっしゃると思います。そこで、ヴィエルホワイトは顔にも使用できるのか調べてみました。

 

ヴィエルホワイトを顔に使用しても大丈夫?

 

女性なら顔にできたシミは悩みの種ですよね。普段は化粧でカバーできても、すっぴんの肌を見ると、落ち込んでしまう・・・なんてこともあります。
そこで、最近話題になっているのが、黒ずみケアのヴィエルホワイトでの顔のお手入れです。

 

ヴィエルホワイトは本来、デリケートゾーンやワキや乳首などの黒ずみをケアする美容液で、公式サイトにも、デリケートゾーンの他にもワキ、膝裏、ひじ、乳首などに使用できると書いてあります。
それに、美白成分、保湿成分がもたっぷりと入っていますし、顔に使っても問題なさそうです。

 

黒ずみの原因の1つに、紫外線のダメージが挙げられます。デリケートゾーンの黒ずみは、水着の日焼け跡による、メラノサイトの沈着が原因になっているそうです。

 

顔のシミも日焼けによってメラノサイトが沈着してできるので、原因は同じですよね。ヴィエルホワイトを使ってお顔のケアをしても大丈夫な気がしてきました。

 

実際、ヴィエルホワイトを顔のお手入れに使っているという人の口コミも見られます。大丈夫かな?と思いますが、実は、ヴィエルホワイトの公式サイトには、顔に使用してもいいとは書いてないんですね。

 

ヴィエルホワイトはデリケートゾーンや、乳首などの黒ずみを解消するために作られた美容液なので、顔の美白ケアには向いていないのかもしれません。

 

実際、販売元の株式会社セプトに問い合わせをした人がいたようで、販売元の回答は、「使えるには使えるけど、オススメはしません」とのことだったようです。やはり顔には顔専用の美容液を使ってケアをしたほうがいいようです。

 

ただ、「オススメはしません」とのことなので、使えるには使えるようですね。
使うのなら自己責任ということでしょうか(笑)

 

結論として、ヴィエルホワイトは「全く顔に使ってはいけなくないが、オススメはしない」ということでした。
ヴィエルホワイトはデリケートゾーンのケアに開発された商品なので、顔に使うのとはまた違うのでしょうね。

 

顔の美白ケアをしたいのならば、顔専用の化粧品を使うことをおすすめします。
デリケートゾーンや、ワキ、膝裏、ひじ、乳首など、体の黒ずみをケアするのなら、ヴィエルホワイトはとてもおすすめ出来る商品ですよ!

 

上手に使い分けて、シミのない顔と、黒ずみのないデリケートゾーンや、体を手にいれたいですね♪

 

>>VL WHITE(ヴィエルホワイト)を詳しくチェックする